きらめきトップ
グループホーム きらめき本城 グループホーム きらめき本城 タイトル

個人の尊厳を保ちながらも、気心の知れた仲間たちとともに、安心と安らぎのある暮らしを送っていただけます。

詳しく見る

グループホーム きらめき上の原 グループホーム きらめき上の原 タイトル

木造の温かみに包まれた「きらめき」には地域の子供たちが集います。

詳しく見る

小規模多機能ホーム きらめき上の原 小規模多機能ホーム きらめき上の原 タイトル

「通い」を中心に随時「泊まり」や「訪問」を組み合わせて在宅生活を支援します。

詳しく見る

お里の家 きらめき養福寺 お里の家 きらめき養福寺 タイトル

認知症対応の地域密着型デイサービス。いつまでも自分らしく、いつまでも住み慣れた地域で暮らせるようサポートします。

詳しく見る

お里の家 きらめき本城 お里の家 きらめき本城 タイトル

認知症対応型デイサービス。笑顔あふれる介護で心の休まる一時をお約束いたします。

詳しく見る

ケアプランセンター きらめき ケアプランセンター きらめき タイトル

自立した在宅生活の為、どんなことも解決していきます。元気で長生きが出来る、家族とともに自宅で幸せに過ごせることを計画支援します。

詳しく見る

空き情報

グループホームきらめき本城の空き情報 グループホームきらめき上の原の空き情報 小規模多機能ホームきらめき上の原の空き情報
空きあり 満室 空きあり

その他デイサービスなどの各施設については、直接施設までお問い合わせください。

ごあいさつ

代表 中原 亜希子

株式会社プロデュース
代表取締役 中原亜希子

皆様、こんにちは。経営者として16年が経ち、女性就労割合が圧倒的に多い介護事業を始めて12年目に突入しました。平成16年8月グループホームからスタートし、 平成24年に小規模多機能ホーム、昨年はデイサービスも開設し現在4拠点7事業所を運営しています。ようやく地域密着型事業としての流れが出来てきました。 戦後70年を迎えた今年、これまでの時代を築いてくださった方たちが高齢になっても住み慣れた地域でいきいきと過ごせるコミュニティー(デイサービス)や 認知症になっても安心して生活できる「家」(GH等)を目指しているのです。理念にあるようにいつも“笑顔になる人間関係づくり”を意識して仕事をしています。

さて、時間速度が速い時代ですから、ビジネスを取り巻く環境もビジネスを行う業界構造も日々刻々と変化しています。私たちの企業がそして私たち自身が 「魅力」(競争優位性)を持ち続けるために最も大切なことは、多様多彩な人財に支えられた「組織」のブラッシュアップだと考えています。 従来の画一的な価値観の考え方は、激変する環境にそぐわなくなっています。企業経営において、ダイバーシティとは「人財と働き方の多様化」を意味します。 「女性力」に秘められた“個性”を企業内に取り込み、活用すれば「組織力」を強化できると確信しています。その為に人財育成にもかなり力を入れています。

男女共同参画社会の実現が日本の最重要課題に位置付けられましたが、女性の活用、それは単なる人材確保の手段ではなく、日本が生き残るための国家戦略ということなのです。 もちろん男性にとっても生きがいのある社会の実現は必要だと思います。我社では女性の産前産後・介護休暇の実績はありますが、男性の育児休暇を早く実現させることが次の目標となっています。

もう1つの目標は、団塊の世代が後期高齢者に突入する2025年に向けて、多様な働き方ができる社会を実現していきたいのです。 そして職場・地域(コミュニティー)が活性され、活き活きと目を輝かせ自己実現できる会社で働ける世の中をつくりたいのです。 生涯を通じて職業能力を高めることができる教育環境を併せ持つ女性にやさしい会社にしたいと思います。その一滴の波紋が女性の能力を最大限に発揮する「女性力社会」の創造に貢献できるものと信じています。

また、地域の子供たちにとっての“未来”は「現在の私達の姿」です。自己実現をしていく、そんな元気な大人を見て育つ子供たちも未来に夢や希望が持て、 どのような社会を築いていきたいかを一緒に話し合えるようになると“ひとりひとりの豊な人生”の足掛かりになるのではないでしょうか。そんな会社を創造しながら 理念の実現に向けてまっしぐらに進んでいます。どうぞ宜しくお願い致します。

平成27年8月18日