• HOME
  • 小規模多機能ホーム きらめき上の原
小規模多機能ホーム上の原

小規模多機能ホームってどんなところ?

生活環境に応じて「通い」を中心に随時「泊まり」や「訪問」を組み合わせて在宅生活を支援するサービスです。
これまでは「通い」「泊まり」「訪問」などの介護サービスをそれぞれ別の施設や事業所で受けることで、それぞれの場面で利用者に対するスタッフが違うため、 ケアの連続性が保たれないという問題がありました。しかし小規模多機能施設では連続性のあるケアが可能です。

小規模多機能ホームの特徴図

小規模多機能施設のサービスの魅力は、3種類のサービス全てを同じ事業所の馴染みの職員が対応するため、今まで以上に関わりが深くなり、よりきめ細やかな対応につなげていくことができます。 そして3種類のサービスを上手く組み合わすことによって、より柔軟なサービスの提供が可能となります。
また、グループホーム上の原に併設しており、万が一認知症でお困りになった際も入居のご相談が可能です!
訪問による安否確認も行っております。

ユニット名は「スマイル」

スマイルユニット

スタッフ、利用者さんと近い距離で過ごします。

リハビリ農園

リハビリ農園1

利用者様と一緒に野菜や果物を育て、収穫し美味しく頂きます。


リハビリ農園2

裏庭の大きな栗の木からは毎年立派な栗の実が収穫されます。

毎月開催の各種教室

短歌カフェ
短歌カフェ

松本先生による短歌カフェは毎月開催されています。
利用者様だけでなく利用者様のご家族、地域の方々も参加されています。


折紙教室
折紙教室

小熊坂先生の折紙教室も毎月開催されています。
季節を取り入れた様々な折紙は利用者様に大好評です。


音楽療法
音楽療法

音楽療法は「グループホームきらめき」1事業所だけの頃から続くきらめきで一番歴史のあるレクレーションです。
岡村先生によって利用者様の元気な歌声がきらめきに響きます。

天気の良い日の楽しみ

バーベキュー

天気の良い日はドライブに出かけたり裏庭でバーベキューしたり、色々楽しんでいます。